子供のじかん

2015.04.24 Friday


2015.4.24
東京

最近になって気づいたのだけど
カメラをかまえていると、
子供がフレームインしてくる。

あれこれ考えることはあるけど、
ただカメラをもって
歩いているだけでいいのかもしれない。

丸ビルにて

2015.04.23 Thursday


2015.4.23
東京
 

こどもの時間

2015.04.18 Saturday


2015.4.18

クローバーを摘んで、投げるだけで楽しい
 

神楽坂

2015.04.16 Thursday


2015.4.16

リタフォトスクールで神楽坂を歩いた。
こじんまりした町は活気と被写体にあふれていて
いつまでも写真を撮っていられそうだった。

そろそろわたしも復活!

やっぱり写真を撮っている時が一番楽しい。
いろいろあって、
個展準備がストップしていたけれど、
あらためて始動しよう。
 

春のひかり

2015.04.08 Wednesday


2015.4.8

おばあちゃんが生きていた頃、
母と一緒に桜の下で写真を撮った。
その桜土手がいま、満開となって、
風が吹くたびに花びらが舞っている。

おばあちゃん、あの頃はまだ自分の足で歩いて、ここまでやってきたよなぁ、
たった数年前のことなのに
ずいぶん懐かしい。

田んぼを挟んで、となりのひとも亡くなった。
むかいのおばあちゃんも、
入院先の病院からまだ帰ってこない。
はやく帰ってこないかしら、
病院までこの写真をプリントして持っていこうかな、
ちょっとは元気になってくれるかな。

すこしずつカラになっていく集落に、
毎年春の花が見事に咲いていく。

風が吹くたび、芦田川に桜が流れていく。

はかなくも美しい、春の夕暮れ。

わたしは写真を撮ろうと思う。

月に桜

2015.03.29 Sunday


2015.3.29

春のにおい
やわらかな風
芽吹く命

わたしの祈りはとどいた

気づけば

2015.03.16 Monday




本当なら今頃、東京にいるわたしですが
父の容体が急変して、世羅にそのまま留まることになり
あちこち走り回り気づけば3月も半ば。
このブログも止まったまま。

これまで生きてきたなかで、
今、最大限のパワーを発揮しているような気がする。

おかげさまで父は元気です。
落ち着いたらブログ再開します。