突然に

2009.11.26 Thursday

ある日突然に
失われるものがある。
今日
知人のアーティストが事故死した知らせを受ける。

死因は
酔っ払って海に落ちたということ。



死に方まであの人らしいなあと
仲間うちで力なく笑った。

昼間からお酒飲んで赤い顔してるような、
そんな人だった。


別れというのは
いつも呆気ない。

そして
忘れてたことまで
ぽつりぽつり
思い出してしまう。

そういえば
一緒に焼鳥食べに行ったな、とか

展覧会の時には
必ず
何か食べ物を作って持ってきてたなとか、

その、おにぎりの味とか。


人というのは
なんと
か細い生き物なのか。


作っても
作っても
命が消えれば
それ以上何も生み出すことはできない。

綱渡りのような日々だ。



残されたわたしたちが出来ること、
それは
精一杯生きていくこと。

心の奥がしんと静かで
少し、ぼんやりしている。

みんなどんどん過去になってしまう。

季節は
もの凄いスピードで移り変わる。



心からご冥福をお祈りいたします。

どうか安らかに。 
関連する記事
コメント
コメントする